固いインソールと柔らかいインソール


インソールを多く試したことがある方はご存知かもしれません。インソールには固いものと柔らかいものがあります。

どちらが優れているかは、自分自身で試さなければわからないと思いますが、私は柔らかいインソールをお勧めします。それはなぜなのか?


ここでいう柔らかさはクッション性の話ではありません。あくまでも、インソール自体の固さの話です。

私はものすごく偏平足なのですが、一昔前に足に合わせてオーダーでインソールを作ったことがあります。その時には足の不具合としては「長時間スポーツをしていると膝が痛くなった」という症状です。

そこで作成したインソールは「固い素材」でできていました。これは全身がそのインソールに乗った時に変形してしまわないように工夫された固さなのだと思いました。

しかし!!

元々偏平足があった私にとってはその固さが痛さになってしまったのです。

固い矯正用のインソールは馴染むまでにかなりの痛みを伴うことがあります。スノボシーズンではそのインソールを履くのですが、シーズン初めの3回ぐらいは足裏の激痛に耐えなければなりませんでした。ただ、足裏は痛いのですが、膝に関しては全く痛みが出ないのです。

元々、膝の痛みが出ないようにインソールを作ったのですが、今度は足裏の強烈な痛みに耐えなければならない状況に…まぁ、数回の我慢なのですが…

そこで、ほかのメーカーも色々探してみて出会ったのがフォームソティックス・メディカルでした。このインソールは持った瞬間に「軽い」「柔らかい」と感じたので試してみたところ…

足裏は痛くない!!

ほどよい固さで、足裏にかかっていた負担がかなり軽減されました。また、膝の痛みも軽減できてる!これはすごい…


と、思って調子に乗っていきなり1日中履いていたところ。。。。



翌日。。。。



腰が痛い!!!



それはそうなんです。このフォームソティックス・メディカルは矯正力が非常に高いため、体全体のバランスが一気に変わるのです。私は腰が痛くなる時は左側に出ることが多いのですが、今回は普段痛みが出ない右側が痛い…かなり痛い…汗

フォームソティックス・メディカルを当院で処方するときには必ず「慣らし期間」を守って使用してもらうようにしっかりと説明します。まぁ、人体実験的に慣らし期間を飛ばした結果が体感できたのは大きかったと思います。みなさんはマネしないようにしてください。。。。

というわけで、慣らし期間を守ってもらえれば固いインソールではなくとも、しっかりと矯正力は働きます。

なので、私は固すぎないフォームソティックス・メディカルを使用するようになったのです。


インソールの固さ。ちょっと意識してみてください。

コメント

このブログの人気の投稿

フォームソティックスについて

偏平足