フォームソティックスについて



フォームソティックスはニュージーランドで生まれたインソールです。 インソールは世界中で様々なメーカーで販売されていますが、フォームソティックスは特徴的なデザインと製法でできています。

 フォームソティックスの特徴


  1. 製法
  2. 形状
  3. サポート
  4. 熱形成
  5. ラインナップ

1.製法

一般的にインソールは貼り合わせて固さや高さを形成します。しかし、フォームソティックスは削り出し製法でできているのです。

発泡体をそのまま削り出すことで、構造を損なわずにサポートすることが可能です。大きな発泡スチロールを削って作るのをイメージしてください。それに近い物です。これには大きな工場、ラインが必要になり、日本で製造するのは困難なようです。


2.形状
世の中には様々な靴があります。フォームソティックスは豊富なラインナップにより、多くの靴にフィットするモデルが用意されています。完全に足形に合わせたインソールではインソールができてからそのインソールが入る靴を探さなくてはなりません。

その点、フォームソティックスはすでに出来上がっているインソールを靴に合わせ、熱形成を加えていきます。そのため、事前にシューズに合わせることができるので安心してシューズ選びができます。


3.サポート
大切なのは足のポジションを正しい位置へ導いてくれること。アーチ形状と、踵のポジションが重要です。

フォームソティックスメディカルは、アーチ・サポート機構によって、中足骨頭の下部で、縦、横、及び斜めの三方向からアーチを支え、あなたの足をニュートラルな位置に安定させます。

また、深いヒール・カップが踵まわりを3次元構造で優しく包み、ショックの吸収をアシスト、着地の衝撃を最小限に抑えます。フォームソティックス自体のクッション性もありますが、それ以上にこの足を正しいポジションに維持することが大切です。


4.熱形成


熱形成を加えることであなたの足にフィットします。
ここで疑問がある方がいらっしゃるかもしれません。

「現時点で外反母趾や偏平足があるのに、矯正しなければならないのに熱形成するというのはどういうことか?」

足のポジションを維持するためには「アーチとヒール」が大切です。熱形成を加えてこの大切な部分が変形してしまっては元も子もありません。フォームソティックスメディカルはアーチサポートとヒールカップ部分は変形しないようになっており、その人の指のポジションなどは熱形成してフィットする=ズレない構造を作る作業を行います。

一般的なインソールでは指のポジションが定まらず、不安定な状態になってしまいます。フォームソティックスメディカルはそれを防ぎ、良いポジションをキープするのに役立ちます。


5.ラインナップ

以下はフォームソティックスメディカルのラインナップです。(成人モデルのみ)













メディカルモデルだけでもこれだけのラインナップがあります。つまり、靴のサイズはもちろん、必要とされるシチュエーションに合ったものが必ず見つかるはずです。

カナメ整骨院では一番強制力の高い「オリジナル・デュアル・ミディアム」をお勧めしております。これはフォームソティックスメディカルの最上級モデルとなり、様々な症状に対応しているためです。

一般的に痛みが出ている状態の足はかなり悪くなっています。そのため、

「インソールを入れて○○が痛くなるのを防ぎたい」

というご要望に関してはこのモデルが一番です。


フォームソティックスメディカルについて理解していただけましたか?
次に、フォームソティックスの「メディカル」と「スポーツ」の違いについて説明いたします。

コメント

このブログの人気の投稿

固いインソールと柔らかいインソール

偏平足